猫の手も借りたい~高齢ママの育児日記

高齢で産んだり育てたり。男の子ママの育児日記。

育児と介護が同時にやってくるかも知れないと言う心配

私は高齢出産で良かったなと思っています。

若い頃は生真面目だったし、おおらかじゃなかったから絶対イライラしていたと思うことも、この年になると孫を見るような目で見れるのでイライラしません(笑)

ただ家庭の環境を考えれば若い時に産んで育てたかったと思います。息子に兄弟姉妹も作ってあげたかった。

定年の頃、息子はまだ大学生です。学費も必要だし、早く結婚してもらって孫の顔も見たいと言う欲もあります。←口うるさいばあちゃんにならないように気をつけねば。

加えて親の介護問題。

私の母は父が亡くなってから長くひとり暮らし。震災で脳出血をおこし手術をしてからはどうもシャッキリしません。姉が献身的に見守ってくれているけど、姉にも生活もあるし、姉自身も年を重ねていくでしょう。何とかしなきゃと思って包括支援センターなどに相談していました。 

私たちの希望は母が安心して暮らせる施設に入ってもらうこと。プライベートが守られ、24時間見守りの体制がある施設。理想的な施設があったと思っても母自身がホームに入るのは嫌だと拒否。そんな日が続いていました。

もうどうにもならないかと思っていたけど、孫の力ってすごいです。息子の為に長生きしたいし、姉に負担もかけたくないし、今度は行くわ!と言ってくれて、速攻で引っ越すことになりました。

しばらくバタバタしそうだけど、母にとっても姉にとっても本当によかったと思います。母が安心して暮らし幸せな気持ちで生涯を終えられるよう、娘たちは頑張ります(笑)

今後は私たち夫婦が息子に負担をかけないように自分たちの老後のビジョンも描かなければ。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】