猫の手も借りたい~高齢ママの育児日記

高齢で産んだり育てたり。男の子ママの育児日記。

【2歳2か月】多形滲出性紅斑での入院、費用総額

前回(遥か昔だ…)多形滲出性紅斑で入院になるまでのことを書きました。

 

その時の記事はこちら。

 

kosodatedays.hatenablog.com

 入院してからのことは何度かブログに書いています。

kosodatedays.hatenablog.com

kosodatedays.hatenablog.com

kosodatedays.hatenablog.com

 病室

 個室にしました。お金が大変かなと思ったけど、結果としては正解。個室じゃないとしょっちゅう点滴がぴこぴこ言ったり、夜中にシーツを替えに来てもらったりしていたので、他の患者さんを起こしてしまったかも。

特別室しか空いていなかったので、広々でした。実は息子を出産した時もこの部屋しか空いてなくてここに入院していたんです。庶民中の庶民なのに(爆)

 

点滴ぴこぴこの理由

 

f:id:sweetsfuldays:20160801070659j:plain

 初日~2日目はしょっちゅうナースコールを押していました。理由は点滴。「閉塞」ってなってピコピコうるさい、笑。

 この音、産後入院していた時もどこからともなくよく聞こえていて何だろう?って思っていたんです。だからコレだったのかー!!と2年越しに疑問が解けました。産婦人科と小児科の病棟はフロア同じなんですよ。

 

閉塞は薬液が上手く流れないことなんですが、そうなる理由は息子が腕を動かしていたからみたい。ずーっと針が刺さっているからムズムズして動かしたくなるよねえ。チューブも引っ張りたいハズ、笑。

理由がわかってからは腕を気にし過ぎないように、おしゃべりしたり絵本を読んだり、テレビを見たりで何とかしのぎました。

付き添い

母か父が24時間付き添い必須。当然ながら私が付き添いました。

同じベッドで寝るんだけど、狭いんだ~。

こんな感じのベッドで転倒転落防止の柵がついています。

狭いから腰が肩が首が痛い。

でも1日経つとこんなもんかーって慣れました。

 トイレに行っている間、こんな感じでかじりついてみてる。

f:id:sweetsfuldays:20160914075325j:plain

 食事

付き添いの分は出ないので、私の分はダンナがコンビニで買ってきてくれたり、売店に買いに行ったりしました。何度か旦那がおにぎりを作って来てくれて美味しかった☆

息子も病院の食事は口合わなかったらしく、私のお弁当をつまみ食いしていました。だから私が病院食を食べてた気がするなあ。今回は食事制限はなかったけど、先生と看護士さんには話を通しました。

入院費用=249,680円

乳幼児なので保険内の診療も市が負担してくれます。ありがたい。頑張って税金納めようと思います。←まじで。

自己負担分=84,720円

個室代と食事代、着替えなどの諸経費。

 

 息子は医療保険に入っているので、保険の申請をすることになりました。医師の診断書が必要なんだけど、まだ仕上がってないとのこと。もう3か月経つのだけど、こんなにかかるもんなのか…。

 

保険が下りたら又報告しますね。いつになるやらですが…。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】